photograph

1989-2014

かつての絵画を葬った写真 の威力は、デジタル化→スマートフォンの普及でますます強くなってきている。そのガジェットを持つことにより全ての者を撮る人に仕立ててしまう。ショット数はこの10年で何倍に増えたのだろうか。その情報の総量はいったいどのくらいか。でも絵画は依然として存在する。絵画は現実批判だとすると写真は現実肯定。ほんとに?

机上の宇宙誌 (2014)
004
004
005
005
006
006
009
009
010
010
011
011
013
013
014
014
015
015
風向計 Anemoscope (1994)
9144
9144
9145
9145
9146
9146
9148
9148
9153
9153
9154
9154
9155
9155
9156
9156
9157
9157
STILL LIFE (1989)
9001
9001
9002
9002
9003
9003
9005
9005
9006
9006
9007
9007
9008
9008
9009
9009
9010
9010